驚き! 食べる時間によって太りやすいってあるの!?

驚き! 食べる時間によって太りやすいってあるの!?

食生活については古来よりさまざまな言い伝えや学説が巷にあふれています。

 

「朝ご飯はしっかり食べなければ元気が出ない」
「夕飯は少し豪華で栄養バランスを考える」

 

など、ちらっとでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

なかでも一日の中でどの時間に食事をすると太りやすいかどうかはいろいろと議論がされてきました。

 

一般的には、夜8時以降の食事は太りやすくなるといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

この「夜食べると太る」というのは、仕事や家事など活動量が多く代謝機能の活発な昼間に比べてのものといえます。

 

夜はそのまま就寝してしまいエネルギー消費をする手段がないことが第一に挙げられます。

 

それ以上に、夕飯を食べたのにもかかわらず夜中になってまた空腹を感じて夜食を食べる、というが問題です。

 

この場合、自然な食欲ではなく日頃のストレスによる異常な食欲増進によるものだからです。

 

このように、基本的に食事を摂る時間というのは毎日のリズムの中で決めておくべきでしょう。

 

社会人であれば起床して朝ご飯から夜ご飯までに時間に食事を済ませるのがベストです。

 

しかし、それでも太りやすい夜の時間帯に食べたくなったときはどうすればいいのでしょうか?

 

もちろん空腹のままでは寝付けないばかりか、イライラの原因にもなりかねません。

 

まず、最近の研究では「一日の中でどの時間に食べても肥満にはあまり影響しない」という説も登場しています。

 

すべて信じるのは難しいかも知れませんが、人間はイメージの動物なので「夜、この一口を食べたら脂肪になる!」とネガティブに思い込んでしまうと、実際にストレスが連鎖して太りやすくなるとも考えられるのです。

 

毎晩というのは論外ですが、どうしても夜中に食べたくなったときは糖質や炭水化物は避けて、豆腐や納豆、少量の肉やスープといった太りにくい食品を選んでいただくようにすれば太るリスクも減らせます。

 

もちろん、そのときには食べ方も工夫しましょう。

 

先ほどの例に上げた豆腐やスープといった柔らかい食べ物であってもよく噛むことで満腹感をいっぱいにしてから飲み込むようにします。

 

最低でも30回程度はゆっくりと、お酒の席でおつまみを食べるようなイメージでいただくと夜食であってもさらに太りにくいかたいでいただくことができるでしょう。

ダイエットサプリメント比較ランキング